腕利きの 美容外科に依頼しよう|小顔になれるおまじない

レディー

顎をシャープにする施術

カウンセリング

シャープで美しいフェイスラインを手に入れたいと考えている方は、少なくないでしょう。顔が大きいとスタイルが悪く見えるし、きれいに見られなくなってしまいます。岡山の美容外科では、そんな小顔になれる治療としてエラボトックスが注目されています。このエラボトックスは、エラに筋肉を麻痺させる作用のあるボトックスを注射する施術です。そもそも顔が大きくなる要因として、エラの周りの咬筋が発達していることがあります。そこで、咬筋にボトックスを打つことで、一過性の筋肉麻痺を生じさせます。それで、過剰に動いていた筋肉の動きが抑制されて筋肉を細くすることができます。その結果、 張っていたエラが改善して小顔になれるというわけです。この岡山の美容外科のメリットは、メスによる治療と比較して体の負担がないことです。施術後のダウンタイムは、腫れは無く内出血が数十人に1人の可能性で生じるくらいです。そのため、術後、ごく短い時間で回復することができます。また、この治療では、治療後およそ3日とすぐに効果を感じることができます。施術の際に注射だけなので、麻酔の必要もないです。気軽に受けられるので、顔の大きさに悩んでいる方は岡山の美容外科に相談すると良いです。

エラボトックス注射は、顔の輪郭をシャープに見せてくれると岡山の美容外科で人気です。しかし、施術後に、患部を良好に保つためにも、いくつか気をつけることがあります。まずは、岡山での美容外科治療の直後は、薬剤の効果で咬筋が麻痺していきます。そのため、噛む筋肉が衰えていくので、口の周りに違和感を感じることになります。さらには、施術後の数時間は、食事において噛みづらさを感じます。特にせんべいなどの硬いものは、非常に食べづらいです。そのため、施術後はうどん、おかゆなどのなるべく柔らかいものを食べるようにすると良いです。その他の岡山の美容外科でエラボトックスを受けた後は、ガムを噛まないほうが良いです。ガムというのは、何回も何回も噛むことで咬筋を鍛える作用があるからです。なので、せっかく施術をしたのに、その効果を得ることが難しくなります。そして、最後にエラボトックスではダウンタイムとしてむくみ、内出血などがあります。頬全体に広がるわけではなく、細かく青紫や黄色に変化する感じです。そのため、美容外科からの帰りは、顔を隠すためのマスクを用意しておくと良いです。上記に気をつければ、何もトラブルもなくスムーズに治療が行えます。